[PR]

 障害者の付添人を装ってユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市此花区)の障害者向け割引チケットを買い、高値で転売したとして、大阪府警は住所不定のシステムエンジニア山下慎太郎容疑者(36)を詐欺容疑で逮捕し、大阪地検が14日、起訴した。府警が明らかにした。

 起訴状によると、山下容疑者は7月26日、USJのチケット売り場で知人名義の障害者手帳を示し、知人の付き添いで入場するように装い、障害者向け割引チケット6枚(1枚3600円)を詐取したとされる。

 此花署によると、6枚のうち3枚は入場口前で女子高校生3人に転売。通常のチケット(7200円)と信じさせ、「200円安くするから」と1枚7千円で売ったという。金額部分が黒く塗りつぶされているのにスタッフが気づき、「どこで買ったのか」と尋ねたところ、3人が近くにいた山下容疑者を指した。山下容疑者は「2月ごろから同じ手口で約170枚を高値で転売した」と供述しているという。