[PR]

 「声優アイコ」を名乗る人物が街で知り合った男性に睡眠薬を飲ませ、眠らせて金品を奪う――。東京都内を中心に相次いだ連続昏睡(こんすい)強盗事件。被告はいま、「自分の中の別人格が事件を起こした」と法廷で主張している。謎に包まれた事件の真相を知ろうと、傍聴席は常に満席だ。

 7月27日、東京地裁710号法廷。昏睡強盗罪などに問われている神いっき被告(31)は、グレーのトレーナーに黒のジャージー姿で現れた。

 被告「自分そっくりの(人物が映る)防犯カメラの映像を見た。そして、自分の中に他の人格がいることはわかり、それが犯行をしたかもしれないと思いました」

 逮捕前に警視庁が公開した防犯カメラ映像の「アイコ」は、ヒョウ柄のベレー帽をかぶったロングヘアの「女」だった。ただ、昨年7月に逮捕された被告は短髪で、普段は男性として暮らしていた。自身のブログでは自ら「性同一性障害」とつづっていた。

 その被告は逮捕以来、容疑を否認。昨年9月の初公判でも「身に覚えがない」と起訴内容を否認していた。しかし、今年5月に主張を変えた。

 事件の記憶は全くないが、自分…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら