[PR]

 中国各紙は15日、安倍晋三首相の談話の内容と論評を一斉に伝えた。首相の歴史観を批判する一方で、日中関係全体を否定する論調は目立たない。

 共産党機関紙の人民日報は、「『侵略』『植民地支配』『反省』と『おわび』などキーワードはあるが、文脈、とりわけ誠意の面で『村山談話』と大きな違いがある」と指摘した。

 同紙は、首相が談話で「先の世代が謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」とした点を挙げ、「日本が侵略と植民地支配の歴史に誠意を持って向き合わず、心から反省とおわびをしなければ、国際社会から信頼を得られず、平和への貢献もない」と論評した。

 北京紙「新京報」も、「安倍首相は直接のおわびを回避した」との見出しをつけ、「あいまいな表現は本人の思想体系からくる」などと安倍首相の歴史認識への不信感を示した。(北京=倉重奈苗)

こんなニュースも