[PR]

 米サンフランシスコ市内にある中華街に15日、日中戦争に関する写真や映像などを展示する記念館が開館した。地元の華人が中心となってつくり、同館は、中国以外で日中戦争に関する「抗日戦争記念館」がつくられるのは初めてとしている。

 この記念館をつくったのは、地元の実業家として知られ、戦争を体験した世代のフローレンス・ファンさんら。式典には、駐サンフランシスコ中国総領事や米国の退役軍人らが出席した。ファンさんは「私自身が戦争犯罪を目の当たりにした。戦争に反対するすべての人のための博物館だ」とあいさつし、「草の根の活動とボランティアの力で開館できた」と強調した。

 記念館は、日中戦争の始まりから終戦までを時系列にして英語と中国語のパネルで説明。日本軍が使ったとする刀類や当時の文書なども展示されている。(サンフランシスコ=宮地ゆう)