[PR]

 沖縄県を訪問中の中谷元・防衛相は16日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先とする同県名護市の稲嶺進市長と、翁長雄志(おながたけし)知事とそれぞれ会談した。中谷氏の訪問は先に始まった政府と沖縄の基地問題に関する集中協議の一環。中谷氏は「辺野古への移設が唯一の解決策」とする政府方針に理解を求めたが、稲嶺、翁長両氏とも反対する姿勢を強調した。

 稲嶺氏との会談は同日午前、名護市のホテルで行われた。防衛相が名護市を訪問して市長と会談したのは民主党政権だった2011年以来、4年ぶりとなる。

 会談冒頭、中谷氏は「民主党政権時代に県外移設も検討したが、結局、辺野古移設が唯一の手段であるということで、その後、自民党が政権に復帰した。改めて政府の考え方を説明させてほしい」と訴えた。稲嶺氏は「辺野古移設の一点だけは、県民の世論調査や選挙結果を見ても受け入れは困難だ」と述べた。

 会談後、中谷氏は記者団に「率…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも