[PR]

 大塚家具創業者の大塚勝久・前会長(72)が、保有する同社の95万株(発行済み株式総数の約4・9%)を売却することがわかった。同氏が17日、株式の大量保有報告書の変更報告書を関東財務局に提出した。株式の売却益は、勝久氏が家具販売などを目的で設立した新会社の運営資金に充てるものとみられる。

 大塚家具では、経営方針をめぐって勝久氏と長女の久美子社長(47)が対立し、3月の株主総会で父娘が互いに退任を求める委任状争奪戦に発展。久美子氏が社長を続投することで決着したものの、民事訴訟で争うなど対立が続く。勝久氏は株式総数の18・04%を握る大株主だが、一部を手放すことで、同社への影響力はさらに下がりそうだ。

 変更報告書によると、勝久氏は8月10日、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と株式を市場で売却するための委託契約を結んだ。95万株を8月11日~12月30日の間に売るという。

 これに先立つ7月1日、勝久氏…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら