[PR]

 岐阜県美濃市に広がる長良川鉄道・洲原駅近くのひまわり畑を背景に、魔女の姿を撮影する「魔女コンテスト」が9月19、20日に開かれる。畑の手前に置いた台から、ほうきにまたがって飛び上がった瞬間をプロのカメラマンが撮影する。今年が3回目で、無料。参加者を募集している。

 一帯は2012年から、地元の住民グループ「元気モリモリ洲原村」が約1500平方メートルの休耕田に約1万本のひまわりを植えている。8月中は、黄色だけでなく褐色などのカラフルひまわりが見もの。9月以降は、時期をずらして種をまき、迷路状に植え込んだひまわり畑が見頃を迎える。

 コンテストは写真全体の雰囲気や笑顔などで審査し、後日「洲原地域ふれあいセンター」フェイスブックページで表彰する。

 例年、岐阜や愛知はもちろん東京、神奈川などから自慢の衣装で駆けつける人も。貸衣装もある。子どもの付き添いだったお父さんが女装して参加した例もある。年齢、性別は問わず、両日とも定員各100人。

 参加希望者は、郵送(〒501・3703 岐阜県美濃市下河和468の3、洲原地域ふれあいセンター)か、インターネット(https://ws.formzu.net/fgen/S37470511/別ウインドウで開きます)で8月31日までに申し込む。問い合わせは同センター(0575・32・2105=土日祝は休館)。(織井優佳)