[PR]

 実業の不安定さから地方の大地主との縁組の必要を説く父を気の毒に思ったが、代助は断る決意を伝えた。理由を問う父に答えないまま、ついに父からもうおまえの面倒をみないと宣告される。援助が断たれれば生活のために職業を探さねばならない。自分が精神の自由を失う状況に三千代を道連れにすれば、その美しさを曇らせてしまうかもしれない。「貴方はそれほど僕を信用しているんですか」、改めて問う代助に、信用せずにこうしていられないと三千代は答えた。

こんなニュースも