[PR]

 中国天津市の「浜海新区」で起きた爆発事故で、同市共産党委員会の機関紙「天津日報」は18日、爆発現場となった危険化学物質保管施設の運営会社幹部10人を当局が拘束していると伝えた。化学物質の保存や管理上の問題が惨事を招いた可能性があるとみて事情を聴いている模様だ。

 同紙によると、爆発の起きた翌13日、保管施設を運営する瑞海国際物流有限公司の会長や副会長ら10人を拘束したという。施設で保管していたとされる化学物質の種類や量が実際と大きく食い違っていた疑いなどが指摘されている。(北京=林望)