[PR]

 国内たばこ販売2位のフィリップモリスジャパンは9月1日から、火をつけない加熱式のたばこ「iQOS(アイコス)」を東京、大阪など12都道府県で売り出す。煙のかわりに出るのはニコチンを含んだ蒸気。においが少なく、空気を汚さないのが特徴という。ベランダでひっそりとたばこを吸う「ホタル族」を卒業できるかもしれない。

 新たに売り出す充電式のホルダーに専用のたばこを差し込み、加熱して吸う。たばこを吸う人の健康へのリスクを小さくしようと、開発を始めた。発がん性物質などの有害物質の吸収を大幅に減らせる可能性があるとして、実験を続けている。

 ホルダーや充電器などはセットで希望小売価格が税込み9980円。専用のたばこ「マールボロ ヒートスティック」は20本入りで税込み460円。レギュラー、メンソールなど4種類。

こんなニュースも