えりすぐりの皇室写真を紹介する「皇室写真館」。今回は書籍化された朝日新聞デジタル連載「皇室とっておき」の中から、担当者がオススメする写真を紹介します。

 今回、特にご覧いただきたいのが、皇太子時代の天皇陛下の写真です。1枚目が、1975年7月、皇太子時代の天皇陛下が初めて沖縄県を訪問した時のものです。旧日本軍を慰霊する「黎明之塔」で関係者と懇談した際、噴き出る汗を拭おうとせず、真剣な表情で聴き入っています。沖縄に思いを寄せる天皇陛下の原点とも言える写真です。

 もう一枚が、1977年9月、青森市で開かれた国民体育大会での一コマです。急に雨が降り出したため、天皇陛下は周囲にいた人たちを貴賓席のテントに招き入れました。うれしそうな陛下の表情が印象的です。

 40歳を前に、紀宮さまと遊ぶ皇后さま。左襟には陛下から贈られたブローチが輝いています。結納を終えた紀宮さまと両陛下が散策する貴重な場面も。仲むつまじいご一家の姿がうかがえます。

 両陛下がお忍びで皇居の外を散策したり、高円宮妃久子さまが車椅子バスケットボール大会で始球式に臨み、思わずガッツポーズしたり……。いずれも貴重なショットです。

 「皇室写真館」や書籍版「皇室とっておき」の写真は、皇室写真を長く撮影してきた松沢竜一カメラマンが選んでいます。朝日新聞社は10万枚以上の皇室写真を所蔵していますが、今後もとっておきの写真を紹介していきます。