[PR]

 18日午後7時40分ごろ、東京都立川市曙町3丁目のJR中央線立川―国立駅間の高架下にある電力ケーブルが焼け、停電が発生した。この火災の影響で、中央線などJRの5路線とJRから電源供給を受けている西武鉄道拝島線の一部が運転を見合わせた。

 JR東日本と西武鉄道によると、中央線快速電車は午後8時10分、西武拝島線玉川上水―拝島駅間は午後11時35分に運転を再開した。一方、五日市線と青梅線は全線、南武線は立川―稲城長沼駅間、八高線は八王子―高麗川駅間の上下線で、この日の運転を中止した。

 JR東日本八王子支社によると、燃えたケーブルは近くの変電所から線路の信号機や駅の設備などに電気を送っている。

 信号機が停電した青梅線では一時、駅間で列車2本が停車した。立川―西立川駅では約860人の乗客らが西立川駅までの約600メートルの線路上を歩いた。東中神―中神駅間でも約660人が中神駅に徒歩で向かった。中神駅では、上り列車の先頭1車両だけしかホームに届かず、後方の7~10両目の乗客がはしごを使って線路に降りて歩いた。

 東京消防庁によると、高架下の配線から出火し、ケーブル5メートルが燃えた。午後10時ごろ消し止めた。警視庁立川署の説明では、高架下は高さ約1・8メートルのフェンスに囲まれた空き地で人が立ち入った形跡はなく、放火の可能性は低いという。

立川駅、タクシー乗り場に長い列

 JR立川駅では18日午後11時を過ぎても帰宅できない人たちであふれた。

 北口のタクシー乗り場には150人ほどの行列ができた。東京都青梅市の会社員男性(41)は「2時間近く並んでいる」とため息。午後8時すぎから駅で運転再開を待った専門学校講師の女性(37)は「今からタクシーの列に並ぶ気力がない。どうしよう」と途方に暮れていた。

 切符の払い戻しを求める人の行列もできていた。栃木県から出張帰りの男性会社員(23)は1時間以上並んだという。「まさかこんなことになるとは。きついです。漫画喫茶に泊まることも考えている」と話した。

 改札口付近では、多くの人が駅員を取り囲み、「待っていたら復旧するんですか」などと質問していた。駅員は「その予定ですが、時間はわかりません」と繰り返した。振り替えバスのルートを尋ねる人もいた。

 JR立川駅周辺のホテルには、帰宅できない人から空室の問い合わせが相次いだ。東横イン立川駅北口は元々、予約で満室だったが、数十件の問い合わせがあった。担当者は「今夜中に復旧しないとあきらめた人が多かったのでは」と話した。