[PR]

 韓国国防省は20日、北朝鮮軍が20日午後3時50分ごろ、南北の軍事境界線に近い韓国京畿道(キョンギド)漣川(ヨンチョン)郡に砲弾1発、午後4時10分ごろには数発を撃ったと明らかにした。韓国軍はこれに対抗し、北朝鮮側に向け、砲弾数十発を発射。南北の緊張が高まっている。

 韓国国防省によると、北朝鮮軍は20日午後5時ごろ、同省に通知文を送り、48時間以内に韓国軍が軍事境界線付近で実施している北朝鮮の体制を批判する大音量の軍事放送を中止し、拡声機の撤去に応じなければ軍事行動に出ると警告した。人命被害などは確認されていないという。

 韓国統一省によると、北朝鮮側は20日午後4時50分ごろ、金養建(キムヤンゴン)・朝鮮労働党統一戦線部長名義の書簡を韓国大統領府の金寛鎮(キムグァンジン)国家安保室長あてに送ってきた。拡声機による軍事放送は北朝鮮に対する「宣戦布告」だと主張し、中止を要求する一方で、事態を収拾し、関係改善に向けて努力する考えがあるとも伝えてきたという。

 韓国軍は最高度の防衛準備態勢…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも