[PR]

 格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンのパイロット2人が、飛行中の操縦室内で写真撮影をするなど不適切な行為をしたとして、8月5日付で1週間の乗務停止処分を受けていたことがわかった。20日、同社が明らかにした。

 同社によると、男性機長(64)は2013年春、国内便に乗務した際、副操縦士(49)が機内アナウンスをする様子を「記念に」と写真撮影した。副操縦士は今年6~7月、この写真と、運航に関する社外秘のマニュアルを撮影した写真などを社外に漏洩(ろうえい)した。インターネットの出会い系アプリを通じて知り合った知人に無料通信アプリ「LINE(ライン)」で送信したという。

 7月末に社外から指摘を受けた同社が調査し、発覚した。