[PR]

 全国学力調査(学テ)の結果を高校入試の内申評価に使う大阪府教育委員会の方針に対し、文部科学省が「原則使用を認めない」としていた問題で、下村博文文科相は20日、大阪府の松井一郎知事と会談し、来年春の入試に限り例外的に使用を認め、再来年春以降の入試には認めない意向を伝えた。

 下村文科相は会談後、「すでに学校現場ではルールを作って事務作業を進めており、認めないと混乱する」と説明。松井知事は「現場の状況を理解してもらえた。各中学校、保護者の皆さんも安心していただけたと思う」と語った。

 ただ、再来年以降の対応については両者の主張は平行線のままだ。「学力の把握という趣旨を逸脱する恐れがある」と大阪方式に反対する下村文科相に対し、松井知事は「スタンスは変えない」と突っぱねた。

 一方、下村文科相は実施要領に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら