[PR]

 北朝鮮の朝鮮中央通信は21日、金正恩(キムジョンウン)第1書記が21日午後5時から各前線部隊が完全に武装し、「準戦時状態」を宣言する命令を出したと報じた。韓国の韓民求(ハンミング)国防相は21日の指揮官会議で北朝鮮が22日午後5時以降、挑発行為をする可能性が高いとして、警戒に万全を期すよう指示した。

 韓国国防省によると、北朝鮮軍は20日午後、2度にわたって南北の軍事境界線の韓国側に砲弾を発射し、韓国軍も北朝鮮側を砲撃。20日午後5時ごろには北朝鮮軍は韓国国防省に対し、48時間以内に韓国軍が軍事境界線付近で実施している北朝鮮の体制を批判する軍事放送を中止し、拡声機を撤去しなければ軍事行動に出るとの通知文を送った。

 北朝鮮がこの48時間の期限を前に軍事態勢を強化することで、南北間の緊張がさらに高まっている。韓国軍も最高レベルの警戒態勢を維持し、さらなる挑発に備えて米軍との共同対応も進めている。

 朝鮮中央通信によると、金正恩…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら