[PR]

 熊本県阿蘇市黒川の観光施設、阿蘇カドリー・ドミニオンで初めてアルパカの赤ちゃんが生まれ、21日から一般公開が始まった。園内で名前を募集している。

 メスの赤ちゃんで、父親はチャオ(5歳)、母親はアミィ(3歳)。10日午前11時ごろ、職員や来園者が見守るなか、展示場所のワンダーパーク広場で出産したという。

 父親の毛色に似て茶色で、生まれた時は7キロだったが、現在は10キロ。母親の背中に乗ってじゃれたり、ついて走り回ったりと元気いっぱいで、訪れた人も「かわいい」とカメラを向けていた。(野中正治)