[PR]

 米スミソニアン協会が、1969年にアポロ11号で史上初めて月面着陸に成功した故アームストロング船長の宇宙服を修復・展示する費用として、ネットを通じて9477人から約72万ドル(約8900万円)の寄付を集めることに成功した。寄付金をもとに、2019年に月面着陸50周年の目玉として、宇宙服を一般公開する計画という。

 宇宙服は、スミソニアン協会が運営する国立航空宇宙博物館(ワシントン)で保管されている。劣化を防ぐため温度調節された倉庫内に置かれ、一般の人は見ることはできなかった。

 50周年に向け、傷みのひどい部分を修復して一般公開する案が浮上。ネットで資金調達する「クラウドファンディング」で費用を集めることになった。

 月面着陸の日付と同じ、今年7…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら