[PR]

 仙台市の市立中学校1年の男子生徒が昨年に自殺を図り、数日後に亡くなっていたことが21日、分かった。遺書はなかった。同日発表した市教育委員会は、言葉でのからかいや仲間外れがあったとして、自殺といじめに関連性があると結論づけた。

 市教委によると、生徒は「変態」などとからかわれたり、友人グループで遊ぶ際に仲間外れにされたりしたことがあったという。生徒の保護者から複数回相談を受けた学校は、いじめに関わった生徒を指導したり、集会で多くの生徒に注意を促したりしたが、いじめはその後も続いたという。生徒からの相談内容が学校全体で共有されなかったこともあったという。

 市教委は生徒の死後、第三者委員会による調査をふまえ、いじめと学校の対応が自殺と関連していたことを認定。「対応が十分ではなかった」と保護者に謝罪したという。