[PR]

 21日午後10時10分ごろ、鹿児島県・トカラ列島の諏訪之瀬島(十島村)の御岳(おたけ、796メートル)で小規模な噴火があり、噴煙が火口上空1200メートルに達した。諏訪之瀬島は噴火警戒レベル2(火口周辺規制)。鹿児島地方気象台によると、居住地域への噴石や火砕流は確認されず、「レベル2の活動の範疇(はんちゅう)」という。

 諏訪之瀬島では7月30、31日にも噴煙が1千~1300メートルに達する噴火があった。