[PR]

 22日午前6時ごろ、和歌山県新宮市三輪崎のJR紀勢線で、回送列車の運転士が線路脇に直径4メートル、深さ5~6メートルのくぼみを見つけた。JR西日本は同線の新宮―紀伊勝浦駅間の運行を取りやめた。京都・新大阪から新宮方面に向かう特急「くろしお」は白浜駅で折り返し運転となった。現場は海沿いを走る単線で、くぼみは海側にあったという。くぼみが出来た原因は不明という。