[PR]

 22日午後1時20分(日本時間同9時20分)ごろ、英南部ショーラムの空港で開かれていた航空ショーで、演技飛行をしていた航空機が近くの幹線道路に墜落した。英BBCによると、走行していた複数の車が巻き込まれ、少なくとも7人が死亡、14人がけがをした。地元警察は23日、死者が11人に上る可能性があると発表した。

 墜落したのは、1950~60年代の英国製の1人乗り戦闘機「ホーカー・ハンター」で、目撃者らによると戦闘機は単独でループを描く途中に墜落し、炎上した。パイロットは救出され、病院に運ばれたが重体という。航空ショーは英国空軍協会などの協賛で23日も行われる予定だったが、事故を受けて中止された。(ロンドン=渡辺志帆)