[PR]

 22日夕から板門店で行われていた韓国と北朝鮮の高官会談は23日午前4時15分にいったん中断し、同日午後3時から再開されることになった。韓国大統領府が発表した。

 大統領府によると、会談は22日午後6時半から南北の軍事境界線にある板門店で行われ、「最近起きた事態の解決策や、今後の南北関係の発展方法について幅広く協議した」という。

 北朝鮮側は、金正恩(キムジョンウン)体制の問題点や韓国の優位性を宣伝する韓国軍の「軍事放送」の中止と拡声機の撤去を要求し、応じなければ軍事行動に出ると警告している。協議ではこの問題を中心に話し合ったほか、南北関係全般についても論議したとみられる。

 だが、未明まで続いた会談では結論は出ず、大統領府は「互いの立場の違いについて、引き続き調整していくことになった」としている。

 会談には韓国側から金寛鎮(キムグァンジン)・大統領府国家安保室長と洪容杓(ホンヨンピョ)統一相、北朝鮮側からは黄炳瑞(ファンビョンソ)・軍総政治局長、金養建(キムヤンゴン)・朝鮮労働党統一戦線部長が出席した。(ソウル=貝瀬秋彦)