[PR]

 正統な柔道スタイルとは裏腹に、野村忠宏は特異なアスリートだった。

 21歳で世界のトップに躍り出ると、何度か意識的に休養をとった。アトランタ五輪の翌年に世界選手権で優勝すると、奈良教育大大学院の修士論文作成やけがもあり、半年ほど練習を休んだ。シドニー五輪後には約1年間、米サンフランシスコに語学留学している。それでも、アテネ五輪で3連覇を達成した。

 「天才だからね」と水を向けると、「悪い気はしないけど、何の苦労もしていないというイメージやったら違う」と否定する。柔道に対しては、どこまでもストイックだ。「中途半端な練習はできない。それやったら休む。楽な柔道に慣れたくないから」

 練習漬けになりがちな日本スポ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも