[PR]

 国際宇宙ステーション(ISS)に到着した日本の無人補給船「こうのとり」5号機は25日午前2時28分、ISSとのドッキングを完了した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が同日発表した。

 ISSへの輸送の成功はこれで5回連続。昨秋以降、米ロの補給船で打ち上げ失敗が相次いでおり、JAXAの奥村直樹理事長は「国際的期待に応えることができた」との談話を出した。こうのとりには水や食料、生活物資、実験装置など約5・5トンが積み込まれている。25日午前11時半ごろ荷下ろしが始まった。

 こうのとりは19日、鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Bロケットで打ち上げられた。24日午後7時29分、ISSに滞在中の油井亀美也宇宙飛行士が操作するロボットアームでキャッチされ、ドッキングに向けて金具による固定や電源の接続などの作業を進めていた。

 キャッチは米ヒューストンの米航空宇宙局(NASA)の管制センターから若田光一さんが支援。筑波宇宙センターからこうのとりの管制にあたったJAXAの松浦真弓リードフライトディレクターは「日本チームで成功できたのは感慨深い。日本人同士通じるものがあり、やりやすかった」と語った。

こんなニュースも