[PR]

 野生のコウノトリが絶滅した韓国で9月3日、人工飼育していたコウノトリが初めて放鳥される。10年前にコウノトリの野生復帰を実現させた兵庫県豊岡市や研究機関が協力し、44年ぶりの野生復帰につなげようという試みが始まる。

 今回、放鳥が予定されているのは8羽。ソウルから約110キロ南の忠清南道礼山(イェサン)郡にあるコウノトリ公園で放される。

 日本と同様、韓国でも1971年、野生のコウノトリは絶滅した。その後、日本やロシアなどから譲り受け、忠清北道清州市の韓国教員大学で人工飼育を続けてきた。

 2005年9月に放鳥に成功し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら