[PR]

 全国の高校1年生に2学期から配られる保健体育向けの副読本で、「女性の妊娠のしやすさと年齢」のグラフに表示ミスがあったことがわかった。根拠となる論文のグラフと異なっていた。文部科学省は正誤表を教育委員会や学校に配る。

 副読本は「健康な生活を送るために」(A4判45ページ)で、改訂に合わせて文科省と内閣府が作成。副読本として初めて男女の不妊問題を記載した。

 表示ミスがあったのは、妊娠・出産に関する項目で「医学的に、女性にとって妊娠に適した時期は20代であり、30代から徐々に妊娠する力が下がり始め、一般に、40歳を過ぎると妊娠は難しくなります」という文章につけられた折れ線グラフ。妊娠のしやすさを示す数値が22歳をピークに25歳まで緩やかに下がり、25~30歳はさらに大きく下がる。だが、根拠とした米国の学者の論文のグラフは、22~25歳がほぼ横ばいで、25~30歳の下がり方も副読本より緩やかだった。

 21日の公表後、インターネットに間違いを指摘する書き込みがあって発覚した。内閣府によると、副読本作成に関わった産婦人科医から提供された論文のグラフを内閣府側が見やすく加工する際に、元の数値からずれたという。担当者は「確認が不十分だった」としている。(畑山敦子)