[PR]

 芥川賞を受賞した又吉直樹さんの小説「火花」の貸し出し予約が2千件を超えたことを受け、名古屋市鶴舞(つるま)中央図書館は26日から、所蔵する41冊のうち2冊を閲覧専用とし、1人あたり3時間に限って館内で読めるサービスを始めた。12月27日まで続ける。

 今月24日時点の予約件数は2358件。過去最多だった村上春樹さんの「1Q84」の1400件超を大きく上回った。

 同館は「これだけの人気は、又吉さんがお笑い芸人だからこそ。日頃、本を読まない中高生が読むきっかけにしてくれれば」と期待。又吉さんが好きな太宰治の「人間失格」や「グッド・バイ」などのおすすめ作品リストも配り、「さらに読書の幅を広げてほしい」と呼びかける。

 閲覧時間は火~土曜が3枠、日曜・祝日は2枠で、事前申し込みが必要。問い合わせは同館へ。(嶋田圭一郎)