[PR]

 26日午前2時ごろ、福岡市博多区下川端町の複合施設「博多リバレイン」前の明治通りで、市道路下水道局による側溝の改修工事の際、近くの地中に埋設されているガス管(口径20センチ)を誤って破損し、都市ガスが漏れた。その復旧工事のため、リバレイン前の明治通り約150メートルが、午前3時すぎから3時間近くにわたって通行止めになった。

 福岡市などによると、ガス漏れによる被害やガス供給への影響はなかった。市東部下水道課は「工事前の地下埋設物の調査をさらに徹底したい」としている。