[PR]

 実家の援助を失えば物質的な責任を果たせないという代助に三千代は、死ぬ覚悟がある、殺されてもいい、長く生きられる身体ではないのだと声を上げて泣いた。代助は平岡に会わねばと手紙を出したが、一向に返事がない。様子を聞きにやったところ、三千代が病気だという。翌日平岡がやってきた。会社を休んで看病していたが、病床の三千代が涙を流し、謝らなければならないことがある、代助にそのわけを聞いてくれと言う。君の用事と関係があるのかと平岡は尋ねた。

こんなニュースも