[PR]

 26日午後10時ごろ、東京都中野区弥生町3丁目のマンションの一室で、この部屋に住むアルバイト店員、加賀谷理沙さん(25)が死亡しているのを警察官が発見した。加賀谷さんは玄関先で衣服を身につけていない状態で倒れており、首に絞められたような跡があった。警視庁は27日、殺人事件として中野署に捜査本部を設置した。

 捜査本部によると、加賀谷さんは仰向けで、顔にタオルケットがかけられた状態だった。首を絞められた時にできる幅約1~2センチの圧迫された跡があった。死後1~2日とみられる。27日に司法解剖し、死因を調べる。

 加賀谷さんは一人暮らしで、玄関や窓は施錠されていた。室内を荒らされた形跡はないという。25日午後11時に勤務予定だったアルバイト先に出勤しなかったため、店長らが26日夜、「連絡が取れない」と署に届け出ていた。

 同じマンションに住む男性(28)は「現場となった部屋で1カ月ほど前、男女の争う声がした。警察が来ていた」と話した。

 現場は新宿駅から西に約2キロの住宅街の一角。