[PR]

 故森田芳光さんが監督、1985年に公開された映画「それから」は多くの映画賞を受賞、漱石作品の映像化では名作とされる。脚本を手がけた筒井ともみさんに映画化の思い出と「それから」の魅力を振り返ってもらった。

 「それから」の脚本は「12泊13日」で書き上げたんです。脚本を書くことが決まったのはクランクインのふた月前、代助に決まっていた松田優作さんから、「ものは漱石の『それから』。森田(芳光)が撮って俺が出る。やってくれない?」と頼まれた。優作の言葉はいつもシンプル、「ポップに行こうよ、ポップに」とも。

 映画「それから」には雨、路面…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも