[PR]

 維新の党の橋下徹最高顧問(大阪市長)は27日午後、市役所での記者会見で「(11月の大阪府知事、市長の)ダブル選にしっかり取り組みたいということで、僕と松井一郎府知事(維新の党顧問)は国政政党からは離れ、大阪の地方政治の方にしっかり軸足を移す」と述べ、松井顧問とともに離党する考えを正式に表明した。

 問題の発端は、柿沢未途幹事長が地元の反対を押し切り、山形市長選で民主党などが推す立候補予定者を応援したこと。松井氏らが反発し、党の内紛に発展していた。

 橋下氏は「今、安全保障法制が非常に日本にとって重大な局面。政党内で内紛をやっている場合ではない。維新の党には安保法制をしっかりやってもらう。野党再編をしっかりやってもらう」と語った。

こんなニュースも