[PR]

 絶滅が心配されている国の特別天然記念物ライチョウのひなの人工飼育に取り組む上野動物園は27日、雄1羽が26日に死んだのに続き、別の雄1羽も死んだと発表した。6月に孵化(ふか)した5羽のうち、残る雄1羽と雌2羽に異常はないという。同園によると、2羽目は27日午前7時ごろ、死んでいるのが見つかった。体重は340グラム。解剖の結果、心臓、腎臓、肺の数カ所に少量の出血があったが、伝染病とみられる所見は見つからず、死因は不明という。今後、細菌検査などを実施して調べる。

 同園は5羽を一つの木箱の中で育て、1羽目が死んだ後、箱の中を消毒したという。同園の担当者は「残り3羽は元気に育ってほしい。衛生などの管理を徹底していく」と話している。

 人工飼育は、ライチョウの保護・増殖が目的。同園は、環境省と共に6月に乗鞍岳(長野、岐阜県)で卵10個を採集し、このうちの5個を引き受け、非公開で飼育してきた。他の5個は富山市ファミリーパークに運ばれ、4羽が孵化(ふか)。このうち雌1羽が死に、雄3羽の飼育が続いている。