[PR]

 テニスの4大大会今季最終戦、全米オープンは31日に開幕する。男子シングルスで昨年準優勝の錦織圭は28日、ニューヨークで会見し、「今年の全米オープンは楽しみにしている。自分自身のプレーを1回戦から貫けばチャンスはある」と自信をのぞかせた。

 左臀部(でんぶ)のけがのため、前週のウエスタン・アンド・サザン・オープンを欠場。今大会が復帰戦となる錦織は前日に続いて会場で約1時間半の練習を行った。「けがもすぐ治ったので、しっかり練習ができている。100%の状態で臨める」と回復をアピールした。

 自己最高の第4シードで臨む錦織は、1回戦で世界ランキング41位のベノワ・ペール(仏)と対戦する。過去の対戦では2連勝しているが、「サーブがいいのと、バック(ハンド)からの組み立てがかなりうまいので、かなり強い相手だと思います」と警戒した。(野田枝里子)