[PR]

 維新の党の松野頼久代表は30日、民主党の岡田克也代表と両党の合流に向けた協議を加速させる考えを強調した。両氏は31日、国会内で会談する。

 松野氏は、東京都内で記者団に「岡田氏と野党再編について胸襟を開いて話す機会を作りたい。一強多弱の状況を変えていくため、強い野党をつくっていかなければいけない。岡田氏も同じ思いではないか」と語った。

 一方、松野氏は、橋下徹・元最高顧問(大阪市長)が新党結成を明らかにしたことに対し「寝耳に水で、びっくりしている。困惑しているのが、正直なところだ」と述べた。橋下氏とは連絡が取れていないという。新党への合流を決めている関西を地盤とする同党議員に対しては「反党行為だと思うが、冷静に話し合っていきたい。もう1回、党を割らないことも考えるべきではないか」と語った。