[PR]

共産党・志位和夫委員長

 戦争法案の成立を前提に(防衛省内で)具体化の検討をやっていたことが明るみに出た。全国約350人の幹部自衛官を集めていた。これを軍の暴走と言わずして、何というのでしょうか。

 戦前戦中は軍部が暴走して侵略戦争になった。いまは、米軍の指揮下で自衛隊が暴走している。それを突きつけても、首相も防衛大臣も当然という。この2人にはそろって辞めてもらおうではありませんか。

 会期末まであと4週間あり、ここが正念場だ。絶対に(法案成立を)止めようではありませんか。全国津々浦々で戦争法案反対の運動を広げに広げ、この力で安倍政権を羽交い締めにして参院で採決させない。衆院でも採決をさせない。必ず廃案に追い込み、安倍政権を打倒しよう。(国会前で行われた安全保障関連法案反対のデモで)

関連ニュース