[PR]

公明党・山口那津男代表

 いま国会で議論している法律は戦争を防止する法案だ。自衛隊をいかし、歯止めをかける議論は公明党にしかできない。自衛隊が憲法違反だと言っている共産や社民の人たちには、自衛隊をいかそうということもできなければ、歯止めをかけようという責任ある議論もできない。国の将来を任せることはできない。(盛岡市内の街頭演説で)

関連ニュース