[PR]

 8月下旬に富山、長野県境にそびえる後立山連峰・最高峰の白馬(しろうま)岳(2932メートル)を目指した。南西に約20キロ離れた剱岳(2999メートル)を望む大パノラマに加え、かわいらしいライチョウや色とりどりの花々に癒やされた。

 新潟県糸魚川市の蓮華(れんげ)温泉(1475メートル)を拠点にまず白馬岳に登り、続いて富山、新潟県境の雪倉岳(2611メートル)、朝日岳(2418メートル)を巡った。2泊3日の山行だ。

 初日はガス(霧)に覆われて眺望に恵まれなかったが、新潟県最高峰の小蓮華山(2766メートル)を越え、三国境に立つ。富山、新潟、長野の3県が接する辺りで、何となく感慨深い。白馬岳山頂へもう一踏ん張り登っていると、尾根筋でライチョウに出合えた。ハイマツの陰に4羽。家族だろうか。夢中になってシャッターを切ったが、それぞれがテクテク歩き回って1枚に収まらない。しゃがんだり伸び上がったり、しばらく頑張ったが、結局諦めた。

 白馬岳山頂は青空だったが、雲…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら