[PR]

 【松尾慈子】「タイトルからイメージする内容と商品とは異なることがあります」と、CMで使われる定型文のようなフレーズを思わず連想してしまった。

 「9時にはおうちに帰りたい」。タイトルとは裏腹に、残業続きでおうちに帰れない20代後半女子2人が、止まらないおしゃべりに明け暮れる、という話であった。周囲に人影もない残業の時間帯ということで、女子の本音が炸裂(さくれつ)している。だらだら女の子のおしゃべりが続く、ただそれだけ。それなのに、人生の真実をついていて、面白いのである。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも