[PR]

 参院で審議中の安全保障関連法案をめぐり、永田町から遠く離れた地方で、市議が自民党離党を表明して法案に反対したり、自民県議が法案反対の会の呼びかけ人になったりする動きが出ている。「自分たちの考えは変わっていないが、党が変わってしまった」――。彼らに共通するのは、そんな思いだ。

「数の力、非常に危険だ」 愛知県あま市

 「私はバリバリの自民党だった。しかし、安倍政権は安保法案を数の力で強引に通そうとしている。非常に危険だ」。愛知県あま市の名鉄木田駅前で4日夕、八島進市議(66)が訴えた。自民離党を表明し、法案反対の活動で街頭に立つ。この日も共産市議らと並び、マイクを握った。

 議員歴12年。地元では保守系も自民の公認を受けないため、無所属で立候補してきたが、「自分の考えに近い」と入党していた。2009年衆院選で自民が下野し、地元の海部俊樹元首相が落選しても、「風に負ける党であってほしくない」と党費を払い、応援し続けた。

 だが、安倍政権の安保法案を巡る手法に納得できなくなった。憲法解釈を内閣だけで変え、11本もの法案を一括で審議し、国民の理解は深まらないまま。「憲法をないがしろにし、国民を置き去りにしている」

 8月、無所属3人と共産2人のあま市議からなる「戦争法案に反対する議員有志の会」に参加。30日に全国連携の抗議集会があま市でも開かれると初めて参加した。9月4日には年4千円の党費納入をやめると党県連の関係者に伝えた。

 「歴史を見れば、日本もドイツも独裁から戦争へ突き進んだ。今の自民党にはおごりがある。安倍首相の言いなりだ」。今後も声を上げていくつもりだ。

廃案求める署名集め 広島県庄原市

 広島県庄原市では自民の小林秀…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも