[PR]

 ご当地名物にちなんだイラストをあしらった車のナンバープレートが、2017年にも導入される。国土交通省は、有識者らでつくる検討会で制度の詳細について議論を始めた。地域にとっては「走る広告塔」で手軽に地元をPRでき、自治体は期待を寄せている。

 「東北楽天イーグルスや地元出身漫画家の人気作品のイラストを入れて、プレミアム感を出す」「イラストを全国から公募し、地元をアピールする」

 8月27日に国交省が開いた制度設計の第1回検討会議で、仙台市や金沢市からこんな意見が寄せられた。06年以降に観光地名などを活用した「ご当地ナンバー」を導入した3県6市が出席した。

 125cc以下のミニバイクでは、観光名所などをあしらった「ナンバープレート」を課税標識として市町が発行しているが、自動車が認められるのは初めてだ。

 6月にイラスト入りを認める改正道路運送車両法が成立し、国交省は20年東京五輪のモチーフをあしらったナンバーを全国で導入する。地域にちなんだ「ご当地イラスト」入りナンバープレートは17年に導入する方針だ。ナンバー交付時に車の所有者が支払う手数料に寄付金を上乗せし、地域振興に使うことも検討されている。

 国内の自動車保有台数は増加傾…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら