[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックのエンブレムが取り下げられた問題で、大会組織委員会は3日、招致段階で使った5色の桜をモチーフにしたエンブレムは、国際オリンピック委員会(IOC)の規定で、五輪エンブレムとしては採用できないと説明した。同日午前にあった民主党の部会で質問に答えた。

 組織委企画財務局の小幡泰弘企画部長は「五輪憲章で、五輪エンブレムは組織委が作成する必要があると定められている」とし、招致委が作成したものは使えないと説明。そのうえで「招致時のエンブレムを使うべきだという声を多くいただいている中で、どういう形で新たに公募することが一番いいのか、しっかり考えたい」とした。

 組織委によると、五輪エンブレムは有償でスポンサーの商業活動に使われるため、無償で出回っている招致エンブレムでは支障が生じる。組織委は撤回を発表した1日夜から、公式ホームページ上の五輪エンブレムを削除。代わって招致エンブレムから「CANDIDATE CITY(立候補都市)」の文字を削除したものを暫定的に掲出している。(原田亜紀夫)