[PR]

 東京学芸大(東京都小金井市)は3日、付属学校2校で給食食材をわざと多めに発注し、4年間で約170万円分の食材を持ち帰ったとして、30代の女性栄養教諭を懲戒解雇とし、校長2人を訓告と厳重注意にしたと発表した。

 学芸大によると、教諭は2011年度から4年間、勤務した2校で牛乳や卵、野菜などを発注する際に多く注文し、余分を持ち帰っていた。栄養教諭は1校に1人で、食材の受け取りと点検も担っていたため、気づかれなかったという。今年3月、給食のない日に食材が届いて調理師が受け取り、発覚した。教諭は「最初は軽い気持ちでやったが、エスカレートしてしまった。自分で食べた」と話しているという。

 学芸大は「弁償されており、本人は反省している」として告訴しない方針。