[PR]

 笛吹市議会の9月定例会が3日、開会し、市は約15億4830万円を増額する一般会計補正予算案を提案した。当初、8月末に建設の方針を発表した俳優の故三船敏郎さんのメモリアルミュージアムについての予算を盛り込む予定だったが、「市民への説明不足」として見送った。10月の臨時議会で提案する予定だが、議員からは市の対応に批判の声が上がった。

 市は当初、ミュージアムの運営に関わる業者への今年度分の委託費1億円を盛り込む予定だった。見送った理由について、本会議前の全員協議会で、小林明副市長は「三船さんのミュージアムを市として内定したことについて、市民への説明がまだ十分なされていないと判断した」などと説明。石和町内の施設用地の購入費用5億円のみを盛り込んだ。用地購入の経費を残した理由については「内容に関わらずこの土地に誘客施設を造る方針は変わらないため」など話した。

 ミュージアムに反対する立場の市議が多く、「市民への説明が足りないという指摘は以前からあったはず」「目的のない土地が買えるのか」という批判や意見が出た。

 市は現在、各地区の区長や観光…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら