[PR]

 埼玉県で西武学園文理小学校などを運営する学校法人「文理佐藤学園」は4日、学園長や小学校長を務める佐藤仁美氏(44)が2012~15年に計9回の海外出張をした際、総額約1482万円の不適切な支出があったと明らかにした。仁美氏は同日、すべての役職の辞任届を提出。父親の佐藤英樹理事長(80)は「保護者、学生に大変申し訳ない。学園長として不適格だった」と謝罪した。

 外部からの指摘を受け、8月に外部理事ら7人で構成する調査委員会を設置して調べていた。その結果を踏まえ、英樹氏らが会見を開いた。

 調査結果によると、仁美氏は「学園業務の一環」として12年7月~今年2月に英国や米国に9回出張。旅費や通訳費などの費用は計約7154万円に上った。だが、出張計画書や報告書の提出がなかったり、支出の使途が不明朗だったりしたため、このうち約1482万円について「不適切な支出」と認定した。

 仁美氏が校長を務める西武学園文理小学校では、5年生で英国に短期留学、6年生で米国に修学旅行を実施。14年は6年生の旅程は11月2日~7日だったが、仁美氏は前後の34日間の長期にわたり滞在していた。また、米国出張の際にディズニーワールド(フロリダ州)、ヨセミテ国立公園(カリフォルニア州)、ラスベガスのカジノも訪問していた。会見に同席した法人監事の青木二郎弁護士は「カジノで賭けて(大きな)お金を使ったということは確認していない。案内人や通訳の費用が非常にかかっている」と説明した。

 仁美氏が利用した法人のクレジットカードの明細書に記載された店の中には、アクセサリー店、宝石店などもあり、調査委は「明らかに私的に使用したものと推測できる」とした。

 調査委は約1482万円の弁償と仁美氏の辞任を要求。仁美氏は4日までに全額を弁償した。法人は調査委による別の出張の調査結果などを待って、辞任届を受理するか決める。英樹氏は「親としての責任は十分に感じている」とし、報酬の1割を今年9月分から1年間返上することを決めた。

 また、発覚が遅くなった点につ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら