[PR]

 台風18号は8日、父島の西の海上を進んでいる。9日にかけて本州の太平洋側に最接近し、上陸する恐れがある。台風の湿った空気の影響で秋雨前線が活発化し、東日本と西日本の太平洋側を中心に局地的に非常に激しい雨が降る恐れがある。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水などへの警戒を呼びかけている。

 台風18号は8日午前9時、1時間に約25キロの速さで北へ進んでいる。中心の気圧は996ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。

 9日正午までの24時間予想雨量は、近畿、東海、関東甲信で250ミリ、伊豆諸島で150ミリ、四国、東北で100ミリ。