[PR]

 県内の音楽関連4団体が8日、「楽都・仙台に復興祈念『2千席規模の音楽ホール』を!市民会議」を立ち上げた。復興のシンボルとして新しい音楽ホールを仙台市中心部につくる後押しをしていく。市も建設に向けて、調査を進めている。

 参加したのは、仙台オペラ協会▽公益財団法人音楽の力による復興センター▽県合唱連盟▽県吹奏楽連盟の4団体。8日の設立発表会で、代表世話人の三塚尚可・県吹奏楽連盟会長は「多くの市民が集い、歌い、奏で、共鳴する空間をつくり、まちの活力を高めるのは、復興にとって重要だと思う」と訴えた。

 今後は市に早期建設を求めたり、賛同する市民・県民から寄付を集めたりするほか、年内に市中心部で吹奏楽や合唱などの「街なかコンサート」を開いて賛同者を募る。

 阪神大震災では、2005年に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く