[PR]

 様似町の岩礁で、海水を飲んでいたアオバトがハヤブサの襲撃を間一髪でかわす瞬間をとらえた。

 アオバトは海水を飲む習性で知られる。普段は山で暮らすが、数十羽の群れで海上を旋回し、岩礁に舞い降りる。海水を飲むのはミネラルを補給するためといわれるが、見通しのいい海岸の岩礁はハヤブサにとっては格好のエサ場だ。

 海岸沿いを縫う国道を車で走行中、アオバトの群れを見て車を止めた直後の出来事だった。近くのアポイ岳ジオパークビジターセンターの学芸員によると、春から秋にかけてアオバトがいくつもの群れをつくり、アポイ岳の山麓(さんろく)から海に向かうという。(深沢博)