[PR]

 交通事故の死者数が12年連続で全国最悪の愛知県。県警は、過去10年間の死亡事故を分析し、12星座別の特徴や危険な月、曜日をまとめた。7日には今年5回目の「交通死亡事故多発警報」が出ており、県警は「交通安全に関心を持ってもらい、事故防止につなげたい」としている。

 県警によると、県内で今年に入り6日までに交通事故で死亡した人は、昨年同時期より11人増の136人に上っている。2位の大阪府よりも11人多く、今年も全国最悪になりそうなペースで事故が相次いでいる。

 県警交通部は、昨年から事故防止のための交通監視を強化し、幹部らも毎日、朝と夕に街頭に立つ。また、交通総務課は過去5年間の事故を分析し、毎月、発生しやすい時間帯や原因を発表している。

 しかし、「普通の統計では、なかなか注目してもらえない」(交通部幹部)ことから、星座別の分析を思い立ったという。

 対象は2005年から14年までに起きた死亡事故計2829件(死者2911人)で、死者の星座別に事故原因や時間帯、発生場所などを調べた。その結果、最も死者が多かったのはみずがめ座(321人)で、少なかったのはいて座(198人)。原因別では、飲酒運転の最多はしし座(27件)で、高速道路での事故が最も多かったのはうお座(15件)だった。

 例年、年末に向けて事故は増える傾向にあり、交通部幹部は「この状況を何とか打開したい。今後も事故の分析を続け、事故防止に役立てていく」と話した。